日语培训 日语自学 自学日语研究俳句 自学日语学到心烦

自学日语研究俳句 自学日语学到心烦

文章目录 一、自学日语研究俳句最佳答案 二、自学日语研究俳句相关答案 三、自学日语研究俳句类似问题 关于自学日…


关于自学日语研究俳句最佳答案


自学日语研究俳句


1.かけ込んで 波につまづく 泳ぐ子よ kakekonde naminitumazuku oyogukoyo 奔向大海,随着海浪,游泳的孩子 空格显示的不好,是: かけ込んで 波につまづく 泳ぐ子よ


关于自学日语研究俳句相关答案


2.自由律俳句自由律俳句(じゆうりつはいく)とは、五七五の定型俳句に対し、定型に缚られずに作られる俳句を言う。季题にとらわれず、感情の自由な律动(内在律?自然律などとも言われる)を表现することに重きが置かれる。文语や「や」「かな」「けり」などの切れ字を用いず、口语で作られることが多いのも特徴である。特に短い作品については短律とも言う。定型の意识を保ったまま作られる字あまり?字足らずや句またがり、破调の句などとは区别される。また自由律俳句はあくまで定型から自由になろうとすることによって成立する俳句であり、したがって単なる一行诗がそのまま自由律俳句となるわけではない。wiki日语看到的。以前我也不知道还有575以外、不用季语的俳句,囧

3.太多了啊,先给你这些哦!一、芭蕉の代表句:「古池や蛙飞こむ水の音」芭蕉の门人、卓袋の「一声はつげの在所へほととぎす」草の户も住み替る代ぞ雏の家(くさのともすみかわるよぞひなのいえ)行く春や鸟啼き鱼の目は泪(ゆくはるやとりなきうおのめはなみだ)あらたふと青叶若叶の日の光(あらとうとあおばわかばのひのひかり)风流の初めや奥の田植歌(ふうりゅうのはじめやおくのたうえうた)早苗とる手もとや昔しのぶ摺(さなえとるてもとやむかししのぶずり)笠岛はいづこ五月のぬかり道(かさじまはいずこさつきのぬかりみち)夏草や兵どもが梦の迹(なつくさやつわものどもがゆめのあと)五月雨の降り残してや光堂(さみだれのふりのこしてやひかりどう)蚤虱马の尿する枕もと(のみしらみうまのばりするまくらもと)闲さや岩にしみ入蝉の声(しずかさやいわにしみいるせみのこえ)五月雨を集めて早し最上川(さみだれをあつめてはやしもがみがわ)凉しさやほの三日月の羽黒山(すずしさやほのみかづきのはぐろやま)云の峰いくつ崩れて月の山(くものみねいくつくずれてつきのやま)语られぬ汤殿にぬらす袂かな(かたられぬ ゆどのにぬらす たもとかな)象潟や雨に西施が合歓の花(きさがたやあめにせいしがねぶのはな)荒海や佐渡によこたふ天河(あらうみやさどによことうあまのがわ)早稲の香や分け入る右は有矶海(わせのかやわけいるみぎはありそうみ)冢も动けわが泣く声は秋の风(つかもうごけわがなくこえはあきのかぜ)あかあかと日はつれなくも秋の风(あかかとひはつれなくもあきのかぜ)むざんやな甲の下のきりぎりす(むざんやなかぶとのしたのきりぎりす)今日よりや书付消さん笠の露(きょうよりやかきつけけさんかさのつゆ)月清し游行の持てる砂の上(つききよしゆうぎょうのもてるすなのうえ)寂しさや须磨に胜ちたる浜の秋(さみしさやすまにかちたるはまのあき)波の间や小贝にまじる萩の尘(なみのまやこがいにまじるはぎのちり)蛤のふたみにわかれ行秋ぞ(はまぐりのふたみにわかれゆくあきぞ)春の夜や笼り人ゆかし堂の隅(はるのよやこもりどゆかしどうのすみ)なほ见たし花に明けゆく神の颜(なおみたしはなにあけゆくかみのかお)云雀より空にやすらふ峠かな(ひばりよりそらにやすろうとうげかな)龙门の花や上户の土产にせん(りゅうもんのはなやじょうごのつとにせん))酒饮みに语らんかかる滝の花(さけのみにかたらんかかるたきのはな)ほろほろと山吹散るか滝の音(ほろほろとやまぶきちるかたきのおと)父母のしきりに恋し雉の声(ちちははのしきりにこいしきじのこえ)桟桥や命をからむ茑葛(かけはしやいのちをからむつたかずら)桟桥や先づ思い出づ驹迎へ(かけはしやまずおもいいずこまむかえ)身にしみて大根からし秋の风(みにしみてだいこんからしあきのかぜ)木曽の橡浮世の人の土产かな(きそのとちうきよのひとのみやげかな)ひよろひよろと尚露けしや女郎花(ひょろひょろとなおつゆけしやおみなえし)送られつ别れつ果ては木曽の秋(おくられつわかれつはてはきそのあき)あの中に莳絵书きたし宿の月(あのなかにまきえかきたしやどのつき)俤や姥ひとり泣く月の友(おもかげやおばひとりなくつきのとも)十六夜もまだ更科の郡かな(いざよいもまださらしなのこおりかな)月影や四门四宗もただ一つ(つきかげやしもんししゅうもただひとつ)吹き飞ばす石は浅间の野分かな(ふきとばすいしはあさまののわきかな)御庙年経て偲ぶは何をしのぶ草(ごびょうとしへてしのぶはなにをしのぶぐさ)碪打ちてわれに闻かせよ坊が妻(きぬたうちてわれにきかせよぼうがつま)露とくとく试みに浮世すすがばや(つゆとくとくこころみにうきよすすがばや)绵弓や琵琶に慰む竹の奥(わたゆみやびわになぐさむたけのおく)僧朝颜几死に返る法の松(そうあさがおいくしにかえるのりのまつ)きてもみよ 甚べが羽织 花ごろも 女をと鹿や 毛に毛がそろうて 毛むつかし二、季语を持つ句春: 春たちて まだ九日の 野山かな 姥桜 さくや老后の 思ひ出 花の颜に 晴れうてしてや 胧月 春なれや 名もなき山の 薄霞 初桜 折りしも今日は 能日なり 丈六に 阳炎高し 石の上 さまざまの こと思ひ出す 桜かな 木のもとに 汁も鱠も 桜かな 春雨や 二叶に萌ゆる 茄子种 一里は みな花守の 子孙かや 山里は 万歳遅し 梅の花 月待ちや 梅かたげ行く 小山伏 不精さや 掻き起されし 春の雨 水取りや 氷の僧の 沓の音 山路来て 何やらゆかし 堇草 吉野にて 桜见せうぞ 桧笠 春の夜や 笼り人ゆかし 堂の隅 云雀より 空にやすらふ 峠哉 花の阴 谣に似たる 旅寝哉 行く春を 近江の人と 惜しみける ほろほろと 山吹散るか 滝の音 草卧れて 宿借る顷や 藤の花 三、夏 杜若 似たりや似たり 水の影 岩踯躅 染むる涙や ほととぎ朱 冨士の风や 扇にのせて 江户土产 百里来たり ほどは云井の 下凉 一つ脱いで 后に负ひぬ 衣がへ 若叶して 御目の雫 ぬぐはばや 曙は まだ紫に ほと


了解更多自学日语研究俳句类似问题


日语自学网免费下载

本文来自网络,不代表日语培训立场,转载请注明出处。
上一篇
下一篇

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部